読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反抗期とサブカルが治らない。

人生クレッシェンド。

台湾のクラブに行ったらパクチーを食わされた話。

海外文化

台湾のクラブに行ってきた。

 

いつも通りユースホステルのドミトリーにでも泊まっておけばよかったものの、

なぜか贅沢をしてしまいたくなりシンプルな1人部屋のホテルに泊まった。

 

おかげで同室で友達を作ることも、

共有スペースで同志を探すことも出来なかった。

 

そうなったらもうやることは1つだ。

酒が飲める場所を探すしかない。

 

しかし残念ながら台湾は屋台文化はあるものの、屋台でお酒は売っていない。

台湾人は食事の時は食事そのものを楽しむ国民性らしい。

 

バーのようなものも見つからず万事休すかと思われたが、台湾にもクラブはあるらしいとの情報を入手。

 

テンション低い代表(腕を肩より上に挙げて盛り上がることはない)の僕だが、背に腹は代えられない。

ホテルで1人でコンビニで買った缶ビールを飲んで、ハーゲンダッツを食べている場合ではない。

 

善は急げ。

僕はZARAへ向かった。

 

1人旅行中なのでTシャツしか持っていなかったのだが、台湾のクラブにはドレスコードがあるとの情報があった為、速攻でZARAに襟付きのシャツを買いに行った。

 

①日本でZARAに行ったことがない為、人生初ZARA

②行ってみたら別にTシャツでも問題なさそうだった。

 

まあいろいろあったものの無事にシャツ(1000元≒3000円)を購入し、いざクラブへ。

 

台湾のクラブは「台湾101」というタワーの周辺に密集している。

夜も遅かったためタクシーを飛ばし、台湾101へ。

f:id:yuta0821:20170103222105p:plain

 

到着後、すぐに驚くことが。

クラブに長蛇の列。

クラブと行列という組み合わせに面白さを感じた。

 

台湾101の周辺には10つ程のクラブがある。

初心者の僕にはどこが良いのか見当もつかず、出来る限り優しそうな人たちにオススメのクラブを聞くことに。

 

しかしまたしても問題が。

コミュ障だ。

 

知らない人に話しかけるだけでも緊張するのに、イケイケな人たちに英語で話しかけるなんて僕にはハードルが高すぎた。

 

しかしいつまでもそうは言ってられない。

20~30分ほど歩き回り行列が引くのを待ちつつ聞いて回った。

 

結果「Elektro」というクラブが良さそう。

その筋っぽい怖いお兄さんに案内され、これまたセクシーすぎるお姉さんにパスポートを渡し入場許可を得て、いざ中へ。

 

f:id:yuta0821:20170104080644p:plain

 

入った瞬間思った。

自分完全に場違いだ!

 

台湾のクラブは一般的に友達とくるものだ。

数人でVIP席を借りてそこでわちゃわちゃしたり、誕生日を祝う人たちもいる。

 

それに加えてこのクラブはどうやら大人向けのクラブらしい。

六本木の音楽好きの大人が集まる隠れクラブのイメージだ。

 

実際には写真の半分ほどしか人がいない。

 

そこで僕はある行動をとった。

 

「退出」

 

これは逃走ではない。

勇気ある撤退だ。

 

賢明な判断を下した僕であったが、まだ心は折れていない。

次はもっと年齢層が低そうなクラブへ行こう。

 

そこで「BABE 18」というクラブへ移動。

途中道に迷うが、日本と台湾のハーフの人と日本人の2人組に助けられる。

 

なぜ日本人だと分かったかというと、こてこての関西弁が聞こえてきたからだ。

ヴィヴァ日本語。

 

結局この2人組と行動させていただくことになり、クラブの中へ入る。

今度は怖くない人に案内された。

 

f:id:yuta0821:20170104081626p:plain

f:id:yuta0821:20170104081723p:plain

 

念願のビールを手にした僕はもう満足だった。

 

周りでは台湾人が楽しんでいる。

異国の地の人が普通に生活をしているのを見るのが、旅行の1つの醍醐味だ。

そこに上手く溶け込めるようになりたいが、なかなか難しい。

 

と調子に乗り、物思いにふけっている一方、

2人組はナンパされ続けている。

 

さすが日本人女性。海外でもてる説が改めて立証された。

引っ切り無しに話かけられている2人を羨望の目で見ている悲しい自分。格差社会

 

場の空気に疲れてきたところで、2人組に連れられ脱出。

落ち着いて飲み直す。

 

ここで僕はビールが注文。出てきたのはモヒート。

僕の英語が悪いから仕方ない。

 

しかし許せないことが1つだけあった

出てきたモヒートに山盛りのパクチー

 

f:id:yuta0821:20170108213435p:plain

(イメージ画像)

 

一口飲み、僕はモヒートを諦めた。

 

その後談笑し2人組と別れ、僕はタクシーでホテルへ帰った。

 

ほのかに口に残るパクチーと共に。