読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生クレッシェンド。

今日より明日を1ミリ楽しくする。反抗期とサブカルが治らない。

「鳥肌」って最近の邦画のタイトルっぽい。

「鳥肌」

 

寒い時に腕の毛穴がざわざわするやつ。

 

鳥肌とはよく言ったものだ。
気持ち悪いが似てる。

 

鳥肌のことを考えてたら、「鳥肌」って最近の邦画のタイトルっぽいなって思った。

 

春とかに公開される雰囲気のやつ。
夏には公開されないタイプ。

 

f:id:yuta0821:20170130204345p:plain

 

 

「鳥肌」

 

20歳の男女の物語。

 

男はコンビニでバイトをしているフリーター。
女は普通の女子大生。

 

いわゆる普通の2人。
可も不可もない2人。

 

特別な才能があるわけでも、
かといって大きな欠点があるわけでもない。

 

普通に高校を卒業し、
理由もなくフリーターになって、
理由もなく大学生になっただけ。

 

明日を昨日と同じように過ごし、何もない今日が終わるだけの毎日。

 

みんなと同じように現状に多少の不満を抱えているものの、
大きな不満はなくとりあえず現状に満足している。

 

2人が唯一周りと違うのは、
現状に対する多少の不満が周りの人より1%大きいだけ。

 

ただこの1%がこの映画の見どころだ。

 

特別な才能がなくても、人よりなにかが1%でも違えばその後の結果も変わってくる。

 

1%違うだけでただ不満を言うだけでなく、行動することになるかもしれない。

 

なにも変わらないかもしれないし、なにかが変わるかもしれない。

 

たった1%違うだけで、結果が変わるなんてそんな都合のいいことはない。

 

ただの映画は普通の人を1%変えるために作る。

 

そしてこれは映画だ。
最後は観客に最高の鳥肌を立たせて終わる。

 

想像したら寒い鳥肌が立ってきた。

広告を非表示にする