読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反抗期とサブカルが治らない。

人生クレッシェンド。

通勤時間が劇的に面白くなる方法。なんて書くわけないが、少しは有益な情報を。

ふつうのブログ

PM21:00
帰りの電車。

 

座れたのでパソコンを開く。
軽いパソコンだから良い。
安いから、ある程度雑に扱ってもいいような道具感。

 

雑に扱ってもいいというより、
丁寧に扱わなくてもいいという方が正しい。
毎日使うものなのにいちいち気を遣ってたら疲れるし。

 

低スペックだが、いいパソコンだ。

 

PM21:05
まだ都内。早く埼玉に着いておくれ。
埼玉の絶妙なダサさが埼玉県民のアイデンティティを作っていると思う。
埼玉ださいからなあ。ヴィヴァ埼玉。

 

PM21:08
会社の人に優しくされるの嫌だなあ。
自分がすごく悪者になった気分になる。
やめてくれえ。ってなる。
だからやめてほしい。

 

PM21:11
そんなこまめに時間を教えなくてもよいと思う。
まあ区切りだ。

 

年末だなあ。
去年とかその前とかその前の前とかは、
クリスマスどうしようかなあとか考えてたけど、
今年は今までの0.5%くらいしか頭にいない。
さすがに0ではないけど、いまは脳の容量は違うことでいっぱいいっぱいだ。

 

文字を書いて暮らしたいとか、
ほんとに文字を書いて暮らしたいのかとか。
そんなのやってみなきゃ分かんないからやればいいじゃんって思った。たったいま。

 

そもそも文字を書いて暮らすとかなんだよという話だ。
なんだろう。
キャッチコピーも書きたいし、自由にこういう風に頭の中を吐き出したいし、
何かについてとことん(ある程度)調べて情報も発信したいし、まあそんくらい。
幸か不幸か小説を書きたいとはいま思わない。
昔書こうと思ったことがあるけど、
2行書いただけで恥ずかしくなってやめた。
読むのは好きだけど、書くのはまだ実力が足りない。

 

PM21:19
ちょっと時間が進んだ。
PMと21:00という表現が混ざるのは贅沢だ。
バニラアイスに練乳をかけるのに似ている。
我ながらけっこう分かりやすい表現だな。

 

PM21:22
文章を書いているのは楽しいなあと思う。
文章を書いているのか、頭の中を垂れ流しているのか分からないけど、
すごくストレス発散になっている。
文字を書くのを仕事にしたら、文字を書くことがストレスになるのかな。
そういう人もいると思うけど、自分は違うという根拠のない自信がある。

 

昨日は友人と話をした。
面白い人たちと話してると面白くならなきゃなあって思う。

人と話してると自分がよく分かる。
立ち位置というか自分の考え方とか。

自分の良いとこもダメなとこも、
炙り出される。炙りカルビ。

 

PM21:29
そろそろ地元に着く。
毎日片道1時間も電車に乗ってるって考えると、
いかにこの時間を有効に使うかみたいな話よくみんなする。
これは間違いないこと。


往復で2時間TWITTERとツムツムに時間を費やすのと、
往復で2時間英語に費やすのでは、たった1か月でもバカでかい差が出ると思う。

 

英語じゃなくてもいい。
映画だったら往復で2時間の映画1本見られるから、
1か月で20本以上。
1年間で240本。
1年経った頃にはなかなか映画に詳しい人と扱われると思う。

 

個人的にまだやりたくないのは新聞を読むことだ。
新聞を読む価値は完全に認めている。むしろ自分は読むべきだと思う。
けど電車の中で新聞を毎日読んでいる人なんてたくさんいる。
1年間努力して新聞を読み続けたとしても、
自分と同じような人がたくさんいるわけだ。

 

だったら1年間で映画を240本見る人のほうが面白い。
しかも毎日新聞を読むより、得るものが多そうだ。

 

やるなら面白そうなことをやろう。