人生クレッシェンド。

今日より明日を1ミリ楽しくする。反抗期とサブカルが治らない。

Taiwan in Tokyo.

台湾。

 

1度訪れた人のリピート率は非常に高い。

その理由の大きな1つが「食」である。

 

「台湾と言えば、屋台」と言っても過言ではないほど、台湾の屋台文化は観光客のみならず現地の方にも愛されている。

 

特にルーローハンは日本人好みの味で、無印良品でも取り扱いがあるほどポピュラーな台湾料理だ。

 

また熱帯地域に位置する台湾はいわゆる南国フルーツが育つ。

マンゴーやパイナップルはその代表的な果物だ。

 

あの熱い気候の中で食べるマンゴーかき氷は、THE 台湾である。

 

そんな食文化が豊かな台湾だが、日本で台湾の食べ物を扱っている店は多くない。

カルディで売っている店舗があればラッキーという程度だ。

 

しかし東京・笹塚に「台湾物産館」なる台湾専門店がある。

 

 

f:id:yuta0821:20170611203522p:plain

 

 

新東陽のパイナップルケーキを見た瞬間、とてもテンションが上がった。

 

このパイナップルケーキは、正直めちゃくちゃウマいというわけではない。

しかし素朴なウマさが癖になる。

 

またマンゴー牛乳のパッケージが非常に台湾ぽくて良い。

ポップなデザインの中にある素朴さに台湾の良さを感じる。

 

米を使った台湾ビールも変わり種で面白い。

 

ほかにも牛肉麺やパインビールなどもあって、とても楽しいお店だった。

 

しかしそんな台湾物産館だが来月7月いっぱいで閉店してしまうとのこと。

 

台湾好きの方は、急いで笹塚へレッツゴー。