人生クレッシェンド。

今日より明日を1ミリ楽しくする。反抗期とサブカルが治らない。

「The Wisely Brothers」休日の晴れた朝に、コーヒーを飲みながら聞きたいバンド。

The Wisely Brothers。

 

東京で活動するガールズスリーピースバンド。

 

アンニュイな雰囲気を持ちつつ、独特な曲調・歌詞で多くのファンを病みつきにさせている。

 

月並みな表現になってしまうが「癖になる」バンドだ。

 

f:id:yuta0821:20170402195003p:plain

 

 

まずは「メイプルカナダ」「トビラ」を聞いていただきたい。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

この2曲は彼女たちの代表曲と言っていいだろう。

 

僕は「トビラ」の3:00~で彼女たちのファンになった。

 

この独特な雰囲気は、全体的に曲を崩しているところから生まれていると思う。

 

崩す=型を破れるというのは、ベーシックな型が完成しているからこそできる技だ。

 

ピカソキュビズムを完成させたのは、そもそも圧倒的に基礎が完成されていたからだ。

 

ベーシックな型が完成された上で、あえて型を崩す。

 

それはある意味、ベーシックを極めることの何倍も難しいことだ。

 

f:id:yuta0821:20170402201046p:plain

 

最近はyoutube・その他音楽系メディアの影響で、発信側・受信側どちらに対しても音楽の門が広くなった。

 

メジャー・インディーズ問わず、「良いものは良い」と評価されるようになってきたのは非常に良いことだ。

 

CDの時代が終わったとか終わってないじゃなく、どういう形であれ、良い音楽を広く知ってもらうことが重要だ。

 

隠れたインディーズを発掘することに喜びを感じていた層が、いまの時代に合った発信をして、ぜひその力を発揮して欲しい。

 

www.youtube.com