TOKYOを消費する。

1記事60秒で読めます。

「土日なにやってるの」って聞いた時に「1日は遊んで、1日は掃除してるかな」って答え率は異常。

土日。
社会人にとってのオアシス。

 

f:id:yuta0821:20170319190423p:plain

 

残業戦士の平日に余暇はない。
帰ってご飯食べて風呂入って寝る。
あっという間に深夜だ。

 

平日にインスタグラムに写真をあげている友人を見るが、
ただ時空がゆがんでるだけなので気にすることはない。

 

f:id:yuta0821:20170319190508p:plain

 

5日間の戦闘を切り抜けた我々に待っているのは、
ひと時のオアシス、「土日」だ。

 

土日の素晴らしいところはたくさん寝られるところだ。
9時間寝ても問題ない。

 

平日には食べられない朝食を食べ、コーヒーを飲み、一服する。
大好きな時間だ。

 

f:id:yuta0821:20170319190653p:plain

 

土曜日の朝はどうしても王様のブランチを見てしまう。

 

そんな優雅な朝を迎えるが、
視界に入るのは散らかった我が部屋だ。

 

脱ぎ捨てられた洋服、空いた金麦の缶、なぜか溜まるビニール袋。

土曜の午前中はこいつらをなんとかしなくてはならない。

 

そしてなんとかしなくてはならないものがもう1つ。
5連戦による身体の疲労だ。

 

f:id:yuta0821:20170319190742p:plain

 

世の残業戦士たちはこの2つをなんとかするだけで、
1日が終わってしまうことも多いのではなかろうか。

 

夜に友人と飲みに行ければ御の字だ。

 

「これはまずい。万全の態勢で臨める日が、日曜の1日しかない。」 

 

現在2017年。
キリストが生まれてから2017年も経った。

 

2017年経っても、僕たちは限られた休日しか得ていない。
文明は進んでいても、文化が進んでいない。
むしろ退化している。

 

律儀にキリストの教えを守っている場合ではない。

 

f:id:yuta0821:20170319190914p:plain


週4日休みたい時もある。
その為なら週3日は必死に働く。

 

士農工商という言葉が生まれた当時の働き方は分からないが、
ここ100年の”サラリーマン”の働き方は変わっていないように思う。

 

サラリーをもらっている限りは文句を言っても仕方ない。
サラリーをもらわなくても生きていけるような力を付けるしかない。

 

こんだけ環境が揃ってるんだから、
チャレンジしない方がもったいないよなあと思うチキンボーイであった。

 

f:id:yuta0821:20170319190601p:plain