TOKYOを消費する。

1記事60秒で読めます。

ハチ公を散歩させたい。

ハチ公。

 

あいつはいい奴だ。
ずっと待ってる。

 

ずっと待ってる奴が、待ち合わせの場所にされるというのは面白い。

待ちくたびれてる人もハチ公を見れば、自分もまだまだ待とうという気になる。

 

待ち合わせ場所としてすごく意味を持っている。

 

ハチ公はおそらく数多くのドラマを目撃してきた。

 

特に携帯がない時代。
この時代には多くの悲劇が生まれたことだろう。

 

すれ違い、勘違い、仲違い。

 

ハチ公の、自分にはどうすることも出来ないもどかしさ。
真実を教えてあげたいのに教えてあげられない苦悩。

 

ハチ公はつらい役目をいまだに背負っている。

 

という妄想。

 

f:id:yuta0821:20170122214858p:plain

広告を非表示にする