TOKYOを消費する。

1記事60秒で読めます。

キャッチコピーの魅力とはなんぞや。

キャッチコピー。
主に販促目的を持つ一文。

 

キャッチコピーを書く人をコピーライターと言う。
僕はそのコピーライターを1つの目標としている。

 

目指したきっかけは曖昧だが、
自分の書いた文章を面白いと言ってくれる人たちがいたから、

今の自分があるのは間違いない。

 

ささいなきっかけだ。
別に文字を書く能力が秀でていたわけでもない。

 

自分の中でちょっと出っ張っている部分を教えてもらったから、
そして案外その文字を書くことが楽しかったから今日まで文字を書き続けている。

 

キャッチコピーの面白いところは、
たった15文字程度の文章で多くの人の心を動かし、行動までを変えてしまうところだ。

 

企業が何百万もかけた広告を、
たった1人の1文が上回ることもあるのだ。

 

そんな文章を書けたらと思うと、ワクワクする。
問題を抱えている企業を、文字で手助けしたい。

 

たったの1文。
死ぬほど考え抜いたその1文で、本質をぶち抜きたい。

 

 

 

広告を非表示にする