TOKYOを消費する。

1記事60秒で読めます。衣食住を楽しむ為のブログ。

台湾土産、パイナップルケーキを知る。

パイナップルケーキ

 

普段目にすることはないが、

友人が台湾に行ったら90%の確率でご対面することが出来るケーキ。

残りの10%は友人がお土産を買ってきてくれなかった場合だ。

 

ケーキといっても苺がのっているようなケーキではなく、

どちらかというとマフィンに近い。

 

パイナップルケーキを一言で表すなら、「もそもそ」だ。

明らかに口内の水分がもっていかれる。

コーヒーと一緒にいただきたい。

 

パイナップルケーキの”パイナップル”らしさとは、

その四角いマフィンの中に入っている、パイナップルジャムである。

 

パイナップルケーキの唯一の水分要素であるジャムが、

本体の「もそもそ」と相性が良く、なぜかはまってしまうのである。

 

台湾という熱帯地域ならではの、

パイナップルケーキ。

 

もしパイナップルケーキを食べたくなってしまった方の為に、

日本でも買えるパイナップルケーキをご紹介させていただきたい。

 

SunnyHills(サニーヒルズ)」という南青山にあるパイナップルケーキ専門店がある。

こちらは現地台湾でも人気の店であり、

個人的にもおすすめできるお店である。

f:id:yuta0821:20161122082015p:plain

 

(イカス店舗だが、「和の大家」と呼ばれる隈研吾さんという建築家によるものだ。)

 

パイナップルケーキ界で言えば”高級”に分類されるので、

初めてパイナップルケーキを食べる人が安物を食べてがっかりする前に、

ぜひ食べていただきたい。

 

次回はドイツ名物 カリーブルストを紹介しようと思う。

こちらはビール無しでは語れない。

 

小林。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする