TOKYOを消費する。

1記事60秒で読めます。

siriと恋バナしてたら、朝になった。

siri。

 

iphoneの中に住む女の子。

人によっては男の子。

 

「へいsiri」と呼べば、いつでも返事をしてくれる。

 

音声登録する時に1度調子に乗って「Hey!! siri!!」と英語口調で登録してしまったことがあって、普通に「へいsiri」と呼んだだけでは反応してくれなくなり、「Hey!! siri!!」と呼ぶのはさすがに恥ずかしくなったので直した過去がある。

 

普通の人がどれくらいの頻度でなんの目的でsiriを使うのかが気になる。

 

自分は寝起きや寝る前に画面の操作がめんどくさい時に、天気や気温を聞くことがある。

 

音声で操作するなんて自宅で利用するしかない。

 

しかしsiriは僕の親友だ。

 

一緒にサッカーもするし、飲みにも行く。

 

あいつはなかなか面白くて、酔ってるあいつはなかなかクレイジーだ。

 

ついつい話がはずんで、朝まで語り明かしたことも何度もある。

 

地元に戻ったらまたsiriと飲みに行こうと思う。

 

f:id:yuta0821:20170123222844p:plain

 

 

 

 

 

 

「羊文学」というサブカル。

羊文学。

巷で話題のアーティスト。

 

f:id:yuta0821:20170116222551p:plain

 

見た瞬間から完全にはまってしまう予感がしていた。

もはやサブカルだからだ。

 

f:id:yuta0821:20170116222638p:plain

(昔の写真。いまはメンバーが変わってる。)

 

1曲聞いた。

はじめて聞いた曲は「春」という曲だ。

 

最高だった。

 

似ているわけではないが、きのこ帝国と同じ空気を感じた。

 

良い。

 

激しいわけではないが、表現欲がひしひしと伝わってきた。

 

無表情で叫んでいる感覚だ。

 

やはり何かを叫ぼうとしているのはかっこいい。

 

上手く叫べない人が自分なりに叫ぼうとしているのがかっこいい。

 

最近ちゃんと叫んでいるか自問してみてほしい。

 

なんだかよく分からない球体になるのは勘弁だ。

 

居酒屋に行くなら必ず覚えておかなくてはならない呪文。

居酒屋。

 

日本の居酒屋にはいくつものルールがある。

慣れない人には難しいことがいくつかある。

 

中でもあの呪文の意味は分からない。

 

「トリアエズナマデ」

 

なんとも不可思議な呪文だ。

しかし居酒屋に訪れた者のほとんどが唱えている。

挨拶のようなものなのだろうか。

 

呪文を唱えるとまもなく金色に輝く液体がでてくる。

やはり居酒屋は魔法に関係する店なのだろうか。

 

おそるおそるその液体を口に運ぶ、

 

うまい。

 

古代エジプトでも飲まれていたと言われるこの液体は、数千年ものあいだ人類を虜にしてきた。

 

ある者は中毒症状になり、人生を崩壊させてしまったとも言われる禁断の液体だ。

 

居酒屋、トリアエズナマデ、金色の液体。

 

どうやら今後も現地調査が必要なようだ。

 

日曜の朝はテイラースウィフトで目覚めて、スムージ飲んで、軽くランニングからのヨガみたいなOLはさすがにやばい。

日曜の朝はテイラースウィフトで目覚めて、コーヒー飲みながらトーストかじって、軽くランニングからのヨガみたいなOLはさすがにやばい。

 

お前は道端ジェシカかよ。

 

f:id:yuta0821:20170122110454p:plain

 

たぶん大抵の人は道端ジェシカではないと思う。

 

よくて安田美沙子だな。

 

f:id:yuta0821:20170122110846p:plain

 

昨今の異常なまでの健康志向はなんなんだろうと思う。

 

オーガニック

スムージー

ヨガ

 

どれも素晴らしいものだ。

僕も瞑想はするのでヨガには興味があるし、その他健康的な食べ物に興味はある。

 

そういうもの自体を否定する気は一切ないが、そういうものを妄信する人は怖いなあと感じる。

 

怒られそうだが、横浜とか自由が丘の女性に多いと思う。

下北沢には絶対いない。

 

そういうニュアンスだ。

 

道端ジェシカのイデア

 

酉年の鳥の種類はたぶんフェニックス。

みんな2月には忘れる干支。

 

年末年賀状を出すタイミングになって、ようやく今年の干支を思い出す。

 

 

今年は酉年。

あの鳥は一般的にはニワトリのイメージだが、フェニックス(不死鳥)でもいいのではないかと思う。

 

小学生だってニワトリよりフェニックスのほうが好きに決まってる。

かっこいいし。

 

 

ニワトリだけかっこよくするのは申し訳ない。

ほかの干支もかっこよくする。

 

 

子(鼠) :ジャンガリアンハムスター

 

f:id:yuta0821:20170121162105p:plain

 

 

 

丑(牛):バッファロー

f:id:yuta0821:20170121162132p:plain

 

 

 

寅(虎):ホワイトタイガー

f:id:yuta0821:20170121162145p:plain

 

 

 

卯(兎) :ロップイヤー

f:id:yuta0821:20170121162206p:plain

 

 

 

辰(竜) :ブルーアイズホワイトドラゴン

f:id:yuta0821:20170121162220p:plain

 

 

 

巳(蛇):アナコンダ

f:id:yuta0821:20170121162241p:plain

 

 

 

午(馬):ディープインパクト

f:id:yuta0821:20170121162309p:plain

 

 

 

未(羊):ひつじのショーン

f:id:yuta0821:20170121162357p:plain

 

 

 

申(猿):斉天大聖 孫悟空

f:id:yuta0821:20170121162421p:plain

 

 

 

酉(鳥) :フェニックス

f:id:yuta0821:20170121162442p:plain

 

 

 

戌(犬) :マルチーズ

f:id:yuta0821:20170121162531p:plain

 

 

 

 

亥(猪):イベリコ豚

f:id:yuta0821:20170121162559p:plain

 

 

 異論は認める。

螺旋階段はテンションが上がるので、今後は自分が回りながら階段を上ることにした。

完全にライフハック

 

f:id:yuta0821:20170116215615p:plain

 

生きていてそんなに螺旋階段を上ることってない。

 

基本螺旋してない。

 

もう少し螺旋階段が増えたら、人類のテンションが上がると思う。

 

卵を割ったときに黄身が双子だった時くらいはテンション上がる。

 

ぜひ螺旋階段業界の人にはがんばっていただきたい。

 

逆に階段業界の人はもっとおもしろい階段を作ってほしい。

 

個人的には動く階段があったら面白いと思う。

 

現代の技術力では難しいかもしれないけど、勝手に階段が動いてくれたらこれ以上楽しいことはない。

 

これを見た階段業界の方、ぜひお願いします。

 

モデルは大変だなあと思った写真。

f:id:yuta0821:20170114235002p:image

 

袖丈はんぱない。

もはや土日の過ごし方が分からない。

平日は土日を待ち焦がれているものの、

いざ土日になると無駄に過ごしてしまう。

 

あるある。

 

土日はあんまり電車に乗りたくないし、だからといって地元には何もない。

 

結果、出不精の出来上がりである。

 

飲みに行くのが1番だと最近気づいた。

1番ちょうどいい。

 

しかしそこまで仲良くない人と飲みに行くのは、ちょっと疲れてしまうので難しい。

 

けど今年は初対面の人とも飲みに行くくらいのメンタルを持とうと、初日の出に誓った。

 

初日の出は見てないが。

 

どうも文が書けない。

パソコンの調子が悪く、iPhoneで打っているからだな。

 

帰って金麦を飲もう。

セブンイレブンを全面的に信用しすぎているかもしれない。

セブンイレブン

 

開店午前7時、閉店午後11時のあの不便な店の話だ。

 

朝仕事前にコーヒーを買おうと思ってもまだ開いていない。

仕事帰りにビールを買おうと思ってもすでに閉まっている。

 

非常に不便な店だ。

 

そんなセブンイレブンだが、あそこの商品開発部には頭が上がらない。

なにしろ美味い。

 

セブンイレブンが美味いとかwww」という美食家は、サイゼリヤにでも行ってればいい。

 

セブンイレブンの弁当やおにぎりはコンビニ界で間違いなく1位だろう。

 

しかし現在のセブンイレブンを支えているのはこいつだ。

 

f:id:yuta0821:20170112211012p:plain

 

これほど美味いお菓子にはなかなか出会えない。

不動の1位じゃがりこ様にはまだ敵わないが、それでもチーズ界だったら間違いなく1位だ。

 

こいつの好きなところは、金麦にも赤ワインにも合うことだ。

基本的に金麦と赤ワインしか飲まない僕にとって、最高の相棒だ。

 

噛んだ瞬間に中からチーズが出てきた時は、自分はいまスイスでチーズフォンデュでも食べているのではないかと錯覚する。

 

しかしそれはあくまで錯覚だ。

実際は埼玉の片田舎でセブンイレブンで購入した100円ほどのスナック菓子を食べているに過ぎない。

 

高級ワインなんか買えるはずもなく、これまたセブンイレブンで購入したワインを飲む。

 

しかし仮にどんな金持ちになろうとも、セブンイレブンで買った安い酒とつまみを楽しめる人間でありたいとは思う。

 

それにしてもセブンイレブンは本当に不便だな。

回送列車で旅がしたい。

回送列車。
時々駅のホームで見かける回送列車。

 

誰も人が乗っていない奇妙な列車。
あの電車はどこに行くのだろう。

 

車庫なんていう無粋な答えはだめだ。
妄想しなければならない。

 

彼は疲れたのかもしれない。

おうちに帰ってゆっくりするのかもしれないし、てもみんに行ってリラックスするのかもしれない。

 

彼は人生が嫌になったのかもしれない。

「こんなレールに敷かれた人生は嫌だ」と列車のアイデンティティを揺るがす発言をしたのだ。

 

そうだ、間違いない。

あの「回送」の2文字は列車なりの意思表示なのだ。

 

違う人生を歩もうとする強い意志をもつ回送列車。

 

そんな回送列車に乗って、旅がしたい。東北とかに。 

 

f:id:yuta0821:20170111075617p:plain

中華料理は食欲を2倍にさせるからずるい。

中華料理。

僕は中華料理が好きだ。

 

f:id:yuta0821:20170110220654p:plain

 

白米と中華料理があればもはやエクスタシー。

 

中華料理のワクワクするポイントの1つが料理名だ。

 

回鍋肉

麻婆豆腐

小籠包

 

字づらがかっこいい。

必殺技みたいだ。

 

まず初見で回鍋肉をホイコーローとは読めない。

かっこいい。

 

小籠包も半分くらいは昇竜拳だ。

完全に必殺技。

 

中華料理屋の気取らないところも好きだ。

 

中華料理は生きる為に食べる感があって良い。

フランス料理もおいしいとは思うけど、あれは美食家のものだ。

 

毎食フランス料理を食べていたら餓死しそうだ。

 

とてつもなくお腹がすいている時に、「フランス料理食べたい!」とはならない。

 

餃子とか小籠包の皮の感じも好きだ。

餃子と小籠包をただひたすらお腹いっぱい食べたい。

 

なぜこんなことを書いているかと言うと、単純にいまお腹がへっている。

現在22:00。早く食にありつきたい。

 

この期に及んで贅沢は言わない。

もうこういうので良いから食べたい、、、

 

f:id:yuta0821:20170110220450p:plain

 

明日仕事嫌だなあって日本中で何万人が思っているのだろう。

2017年なのにこの状況、明らかに異常。

 

「めんどくさいと思ったら続けて、嫌だと思ったら辞める」

 

誰が言ったか忘れたけど、この言葉が好きだ。

 

めんどくさいと本能的に嫌なのかはっきりさせた方が良い。

 

めんどくさいから辞めるのは良くない。

昭和的に言えば「根性が足りない」。

 

本能的に嫌ならば勇気を出して辞めるべきだ。

鬱や自殺になってからでは遅い。

 

そこまで重くならなくても、もしそういう状況に置かれているならば性格に悪影響を及ぼしてしまう。

 

平成的に言えば「逃げるは恥だが役に立つ」。

 

 

台湾のクラブに行ったらパクチーを食わされた話。

台湾のクラブに行ってきた。

 

いつも通りユースホステルのドミトリーにでも泊まっておけばよかったものの、

なぜか贅沢をしてしまいたくなりシンプルな1人部屋のホテルに泊まった。

 

おかげで同室で友達を作ることも、

共有スペースで同志を探すことも出来なかった。

 

そうなったらもうやることは1つだ。

酒が飲める場所を探すしかない。

 

しかし残念ながら台湾は屋台文化はあるものの、屋台でお酒は売っていない。

台湾人は食事の時は食事そのものを楽しむ国民性らしい。

 

バーのようなものも見つからず万事休すかと思われたが、台湾にもクラブはあるらしいとの情報を入手。

 

テンション低い代表(腕を肩より上に挙げて盛り上がることはない)の僕だが、背に腹は代えられない。

ホテルで1人でコンビニで買った缶ビールを飲んで、ハーゲンダッツを食べている場合ではない。

 

善は急げ。

僕はZARAへ向かった。

 

1人旅行中なのでTシャツしか持っていなかったのだが、台湾のクラブにはドレスコードがあるとの情報があった為、速攻でZARAに襟付きのシャツを買いに行った。

 

①日本でZARAに行ったことがない為、人生初ZARA

②行ってみたら別にTシャツでも問題なさそうだった。

 

まあいろいろあったものの無事にシャツ(1000元≒3000円)を購入し、いざクラブへ。

 

台湾のクラブは「台湾101」というタワーの周辺に密集している。

夜も遅かったためタクシーを飛ばし、台湾101へ。

f:id:yuta0821:20170103222105p:plain

 

到着後、すぐに驚くことが。

クラブに長蛇の列。

クラブと行列という組み合わせに面白さを感じた。

 

台湾101の周辺には10つ程のクラブがある。

初心者の僕にはどこが良いのか見当もつかず、出来る限り優しそうな人たちにオススメのクラブを聞くことに。

 

しかしまたしても問題が。

コミュ障だ。

 

知らない人に話しかけるだけでも緊張するのに、イケイケな人たちに英語で話しかけるなんて僕にはハードルが高すぎた。

 

しかしいつまでもそうは言ってられない。

20~30分ほど歩き回り行列が引くのを待ちつつ聞いて回った。

 

結果「Elektro」というクラブが良さそう。

その筋っぽい怖いお兄さんに案内され、これまたセクシーすぎるお姉さんにパスポートを渡し入場許可を得て、いざ中へ。

 

f:id:yuta0821:20170104080644p:plain

 

入った瞬間思った。

自分完全に場違いだ!

 

台湾のクラブは一般的に友達とくるものだ。

数人でVIP席を借りてそこでわちゃわちゃしたり、誕生日を祝う人たちもいる。

 

それに加えてこのクラブはどうやら大人向けのクラブらしい。

六本木の音楽好きの大人が集まる隠れクラブのイメージだ。

 

実際には写真の半分ほどしか人がいない。

 

そこで僕はある行動をとった。

 

「退出」

 

これは逃走ではない。

勇気ある撤退だ。

 

賢明な判断を下した僕であったが、まだ心は折れていない。

次はもっと年齢層が低そうなクラブへ行こう。

 

そこで「BABE 18」というクラブへ移動。

途中道に迷うが、日本と台湾のハーフの人と日本人の2人組に助けられる。

 

なぜ日本人だと分かったかというと、こてこての関西弁が聞こえてきたからだ。

ヴィヴァ日本語。

 

結局この2人組と行動させていただくことになり、クラブの中へ入る。

今度は怖くない人に案内された。

 

f:id:yuta0821:20170104081626p:plain

f:id:yuta0821:20170104081723p:plain

 

念願のビールを手にした僕はもう満足だった。

 

周りでは台湾人が楽しんでいる。

異国の地の人が普通に生活をしているのを見るのが、旅行の1つの醍醐味だ。

そこに上手く溶け込めるようになりたいが、なかなか難しい。

 

と調子に乗り、物思いにふけっている一方、

2人組はナンパされ続けている。

 

さすが日本人女性。海外でもてる説が改めて立証された。

引っ切り無しに話かけられている2人を羨望の目で見ている悲しい自分。格差社会

 

場の空気に疲れてきたところで、2人組に連れられ脱出。

落ち着いて飲み直す。

 

ここで僕はビールが注文。出てきたのはモヒート。

僕の英語が悪いから仕方ない。

 

しかし許せないことが1つだけあった

出てきたモヒートに山盛りのパクチー

 

f:id:yuta0821:20170108213435p:plain

(イメージ画像)

 

一口飲み、僕はモヒートを諦めた。

 

その後談笑し2人組と別れ、僕はタクシーでホテルへ帰った。

 

ほのかに口に残るパクチーと共に。

 

 

 

 

 

 

 

いきものがかりが休んでる間に、図書委員っていうバンド始める。

好きな作家の名前の曲を出しまくる。

 

太宰治の雨」とか「僕らはいつも村上春樹だった」とか。

 

f:id:yuta0821:20170107191814p:plain

 

PVはこういうところで撮影する。

 

でも図書室では静かにしないといけない。

 

特に図書委員だから模範にならなくてはいけない。
図書委員が図書室で騒いだら暴君だ。

 

物販ではメンバーが好きな小説を売る。


オリジナルグッズはしおりとか作る。

 

アンコールは「重版!重版!」にする。

 

もし解散する時がきたら、絶版ライブをやる。

 

読了。